TOP > 試験検証設備 > 疲労耐久性:耐ガタツキ性試験

疲労耐久性:耐ガタツキ性試験

輪荷重走行試験機[1号機]

鉄ふたを対象としたトラックタイヤによる疲労耐久性試験と、橋床版を対象とした鉄輪による疲労耐久性試験に対応できます。

輪荷重試験機[1号機]の概要


鉄ふた用 トラック用タイヤ
(直径約1m×幅25cm)
輪荷重 6トン〜10トン
橋床版用 鉄輪
(直径70cm×幅50cm)
輪荷重 12トン〜40トン

鉄ふた試験(トラック用タイヤ)


橋床版試験(鉄輪)








クリックすると拡大します。

輪荷重走行試験機[2号機]

橋床版の疲労耐久性試験を対象として輪荷重走行試験機[2号機]を2018年10月から導入しました。

輪荷重試験機[2号機]の概要


輪荷重 静的な荷重  6トン〜50トン
走行時の荷重 12トン〜50トン
車輪 鉄輪のみ 直径70cm×50cm

走行範囲A


走行範囲B









動画をご覧になる場合は QuickTime (無償ソフト)が必要です。AppleのWebサイト(外部リンク)からダウンロードしてください。